RSS

錦織圭デルポトロに敗れる。次はモンテカルロだ!【マイアミ・オープン】


3月25日(土) アメリカ、フロリダ州で行われているマイアミ・オープン、グランドスラム大会に次ぐ格のビッグ大会。

男子シングルス3回戦が行われ、錦織圭(日清食品)は2-6、2-6で第5シードのデルポトロ(アルゼンチン)に敗れてしまった。

非常に良い顔つきでコートに入ってきた錦織。
積極的に攻め、ボレーにいったり、絶妙のドロップ・ショットを放つなどしたが、好調で余裕のあるデルポトロを崩すことはできなかった。

デルポトロは手首の手術4回、2015年には現役引退の危機を迎えていたが復帰している。
錦織もデルポトロと対戦し、頑張れば復帰可能と感じたのではないだろうか。

錦織圭デルポトロ戦

<<3回戦>>
〇5]Del Potro(ARG) 62 62 ●26]錦織圭
デルポトロ、今年はアカプルコ・オープンで優勝を飾ると、大坂なおみが女子で優勝したインディアンウエルズでのBNPパリバ・オープンでは今季無敗だったフェデラーに三つマッチポイントをセーブして逆転優勝している。

好調なデルポトロと対戦した錦織。
滑り出しは、非常に良く、ボレーなども見せオープンング・ゲームをキープした。

第2ゲーム、回り込んでのフォアを決めるなど、30-40とブレーク・チャンスがきたが。
デルポトロはTへサービス・エースなどでキープ。

「ファーストセットは凄くチャンスがあった。
先にブレーク・チャンスがあったし、」と、どのゲームもチャンスはあったがブレークはできなかった。

すると第5ゲーム、15-40とブレーク・ポイントを握られる。
早いタイミングでのバックのダウン・ザ・ラインなどでデュースに持ち込む錦織。
3度目のブレーク・ポイントも早い攻め、ボレーで決めて逃れる。

デュースは3回。4回目のブレーク・ポイント
フォアをネット デルポトロに3-2とリードを許す。このゲームだけで8分近く戦ったが。

2-2から4ゲーム連続で取られ、2-6。
「良いプレーが出だしは出来ていたと思う。
たぶん小さな自信や安定感だったり、そのへんが足りなく、持続もできなかった」と錦織。

第2セット、攻めようとする錦織だがローボレーをネット、最初のサーブを落とす。

アカプルコからの連戦、連勝で疲れているはずのデルポトロだが、気負いが抜けているのか?良いところでサービス・エースを放つ。

まだまだ本来の錦織圭のプレーができすストレートで敗れた。
「(アカプルコで)風邪になったりし、ここも100%の状態で望めたかと言えばそうでもない。
悔しいというか、もったいないというか。昨年もメキシコにやられるので(苦笑)、それはなんとかしたい」と復帰してここまでの総括を語る。

「もうちょっとハードコートで戦いたかった。
クレーになるとちょっとは手首の心配もあるし、スピンを必然的に掛けて手首に負担はかかるので」

「(4月16日からはATP1000の)モンテカロルに出るので、クレーで頑張りたい」
物足りない部分はあるが、気持ちはクレーで戦う準備ができているようだ。

塚越亘、塚越景子



引用:錦織圭デルポトロに敗れる。次はモンテカルロだ!【マイアミ・オープン】


プレゼント情報!



高機能なのに使いやすい。


ユーザーの声から生まれた


スーパー短縮URLツール!


今なら完全無料!タダでお使い頂けます。



タイニードカーンPRO 入口 LP
スポンサーサイト